ソースコード
GsCMSでは、ページ全体の構造はシステムで用意されているテンプレートによって決定され、各サイトの管理者が勝手にそのHTML(XHTML)基本構造を変更することはできません。しかし、ソースコード埋め込み機能を使ってかなり自由にページの内容をカスタマイズすることができます。

便宜上、サイト管理者が作成するひとかたまりのソースコードを「ソースコードオブジェクト」と呼ぶことにします。ソースコードオブジェクトを作成し、それを適用する場所を指定してやることでバナー広告を表示したり、アクセス解析サービスのコードを埋め込んだり、独自のJavaScriptを埋め込んだりすることが可能となります。

コントロールパネルのメニューの「ソースコード」をクリックすると、作成したソースコードのリストが表示されます。もちろん何も作成していなければリストは表示されません。まず初めに、「+新しいソースを追加する」をクリックしてソースコードオブジェクトの作成画面を見てみましょう。

cp_src_list1

<ソースコードを追加する>

cp_scnew

この画面では、新しいソースコードオブジェクトを作成します。フォームの各項目の意味は次の通りです。
  • このソースを使用 通常はチェックを入れておきますが、そのソースコードを実際のサイトに適用したくない場合はチェックを外しておきます。
  • ソースの挿入位置 セレクタによってこのソースコードオブジェクトを埋め込む位置を選択します。この場合の「位置」とは見た目上の位置ではなく、HTML(XHTML)ソースの中での位置となりますので注意して下さい。この値は後でいくらでも変更できますので、わからなければいろいろ試してみると良いでしょう。
  • 順序 同じ場所に複数のソースコードオブジェクトを適用させた場合に意味を持つ数字です。ここで指定した数字の昇順にソースコードオブジェクトが埋め込まれます。必ず半角数字で入力して下さい。
  • 表示対象 埋め込みたいページにチェックを入れます。
  • メモ 後でどのソースコードオブジェクトに何を記述したのか判別できるよう、メモを記述しておくことができます。
  • ソースコード このテキストエリアに埋め込むソースコードを記述します。
ソースコードの中身は単純なテキストでも良いし、CSSやJavaScriptなど、通常のウェブページのHTML(XHTML)ソース内に記述できるものであれば何でもかまいません。アクセス解析やアドセンスなどの広告のコードを埋め込んだりすることも可能です。

フォームに適切な内容を記述して「送信」ボタンを押すことによって新しいソースコードオブジェクトが生成、保存されます。

では、作成したオブジェクトのリスト画面を見てみましょう。「リストへ戻る」リンクをクリックして下さい。

<ソースコードのリスト>

cp_src_list2

この画面は作成したソースコードオブジェクトのリストです。リストの各項目の意味は次の通りです。
  • 使用 現在適用中のソースコードオブジェクトにはチェックマークが入っています。
  • 挿入位置 そのソースコードオブジェクトが挿入されている位置です。
  • 順序 同じ位置に複数のソースコードオブジェクトがある場合の挿入順序です。
  • idx そのソースコードオブジェクトがホーム画面(index.php)に適用されている場合はチェックが入っています。
  • cnt そのソースコードオブジェクトがコンテンツ画面(contents.php)に適用されている場合はチェックが入っています。
  • ifo そのソースコードオブジェクトがお知らせ画面(info.php)に適用されている場合はチェックが入っています。
  • blg そのソースコードオブジェクトがブログ画面(blog.php)に適用されている場合はチェックが入っています。
  • evt そのソースコードオブジェクトがイベント画面(event.php)に適用されている場合はチェックが入っています。
  • bbs そのソースコードオブジェクトが掲示板画面(bbs.php)に適用されている場合はチェックが入っています。
  • cta そのソースコードオブジェクトがお問い合せ画面(contact.php)に適用されている場合はチェックが入っています。
  • sch そのソースコードオブジェクトが検索結果画面(search.php)に適用されている場合はチェックが入っています。
  • dbs そのソースコードオブジェクトが汎用データベース画面(db.php)に適用されている場合はチェックが入っています。(汎用データベース機能はオプションです)
  • メモ ソースコードオブジェクトに何を記述したのか判別できるように記述したメモです。
  • Edit 編集リンクをクリックするとそのソースコードオブジェクトの編集画面に移動します。
リスト画面では、左端のチェックボックスにチェックを入れ、複数のソースコードオブジェクトをまとめて削除、有効化(適用)、無効化することができます。

<ソースコードの編集>

リスト画面で編集リンクをクリックするとそのソースコードオブジェクトの編集画面に移動します。この編集画面のフォームの各項目の意味は新規作成フォームと同じです。