サイト設定

サイト設定は、サイト全般に関わる設定を行います。サイトのタイトル変更、ナビゲーションのタイプ変更、ブログや掲示板をはじめとする様々な機能の
ON/OFF、各種リストの行数などが設定できます。

以下に各項目の詳細を説明します。

テンプレート


cp_conf_template

サイトのHTML構造のベースとなるテンプレートを切り換えます。
テンプレートとは、タイトル・ナビゲーション・サイドバー・メインエリア・フッタなどといったレイアウトの基本構造を決定しているHTMLファイル群の集合体です。このテンプレートによって各ページの基本構造が決定されており、テンプレートを切り換えることによってCSS(スタイルシート)の変更だけでは対応できないデザイン変更が可能となります。
ただし、テンプレートはシステム側で準備されているもののみ選択することができ、個々のユーザーが独自で作成することはできません。

メインタイトル・サブタイトル


cp_conf_titles

サイトのメインタイトルとサブタイトルを決定します。これらはサイト最上部のヘッダ部分にテキストで大きく表示されます。

cp_conf_titles2

この表示部分にロゴなどの画像を表示したり、テキストではなくデザインされた文字を画像で表示したい場合はCSSの変更によって可能ですが、サイト設定のこの項目ではテキストによる表示のみを変更できます。

著作権表示


cp_conf_copyright

サイトのフッタ部分に表示する著作権表示などのテキストを入力します。

cp_conf_copyright2

もちろん著作権表示以外のテキストを入力しても問題はありません。サイトのフッタ部分に表示するテキストを変更したい場合にこの項目に入力すると考えて下さい。

管理モード関連


cp_conf_adminmode

管理モード時、マウスの右クリックで表示されるコンテキストメニュー(管理メニュー)を利用するかどうかを設定します。

contextmenu

チェックを入れた状態では、OSあるいはブラウザ標準のコンテキストメニューを上書きする形で管理メニューが表示されますので、標準のコンテキストメニューを利用したい場合などは右クリックで表示される管理メニューが邪魔になります。そのような場合はこの項目のチェックを外しておけば大丈夫です。

ナビゲーション


cp_conf_nav

サイトのナビゲーション(メインメニューとも言い換えられます)のタイプを選択します。ナビゲーションとは、ブログや掲示板、タイプによってはコンテンツの各ページへの移動など、サイト内を移動するための基本的なリンクの集合体です。

cp_conf_nav2

<タイプ1>
cp_conf_nav_type1

GsCMSでは「コンテンツ」「お知らせ」「イベント」「掲示板」「ブログ」「お問い合せ」などを「機能」として考えていますが、これらの表示を切り換えるタブを横に表示しているのがタイプ1のナビゲーションです。

<タイプ2>
cp_conf_nav_type2a

タイプ2のナビゲーションでは各機能をタブで表示するのではなく、コンテンツの各ページをタブで表示します。最上層のコンテンツがタブで表示され、上のキャプチャー画像のように最上層コンテンツのタブにカーソルを乗せることによって下階層のコンテンツが階層的に表示されます。
タイプ1でタブに表示されていた各機能へのリンクは「ホーム」タブにカーソルを乗せることによって表示されます。

cp_conf_nav_type2b

<タイプ3>
cp_conf_nav_type3a

タイプ3のナビゲーションは、基本的にはタイプ1と同じように見えますが、「コンテンツ」タブにカーソルを乗せることによってコンテンツの各ページへのリンクを表示させることができます。もちろん階層もそのまま表示されます。

これらナビゲーションタイプの違いは、コンテンツが充実していない状態では少々わかりづらいかも知れません。よくわからない場合はタイプ1にしておき、後述の「サイドバーオブジェクトの表示と順序」でコンテンツメニューを表示しておくことをお勧めします。

新着情報


cp_conf_newlist

トップページのメインエリアに、コンテンツ、ブログ、お知らせの新着トピックをリストアップして表示するかどうかを切り換えます。チェックを外すとトップページメインエリアの新着リストは表示されません。

cp_conf_newlist2

コンテンツ関連


cp_conf_contents

コンテンツに関する設定を行います。

<コンテンツを利用する>
コンテンツ機能そのものを利用するかどうかを設定します。チェックを外すとコンテンツに関わる機能を利用することができなくなります。

<コンテンツのトップページを表示する>
チェックを外すと、ナビゲーションから「コンテンツ」タブが消え、コンテンツのトップページにアクセスできなくなります。GsCMSにおけるコンテンツという概念は少々特殊であるため、一般のアクセスユーザーが混乱すると思われる場合はOFFにしておいても良いでしょう。

<コンテンツツリーを常に表示する>
標準設定のテンプレートとCSSでは、コンテンツメニューは最上階層のコンテンツのみが表示されていて、その最上階層のコンテンツタイトルをクリックすることによって下階層のコンテンツツリーが開く(トグルとして動作する)仕様となっています。これを、はじめから全ての階層のコンテンツタイトルを表示するようにするためにはここにチェックを入れておきます。

cp_conf_cont_tree_open

<下階層を持つ最上層記事はトグルとして動作させる>
コンテンツメニューの最上層記事をクリックすると下階層のツリーが表示されますが、この動作の際の最上層記事を下階層ツリーを開くための「トグル」と呼びます。通常、トグルとなっているコンテンツも本文を有しているため、下階層ツリーを開こうとクリックすると該当の本文を表示させるためにページをジャンプしていまします。これを避け、最上層コンテンツを単にトグルとしてのみ動作させたい場合にチェックを入れます。ここにチェックを入れると、最上層コンテンツの本文にはアクセスできなくなります。わかりづらい概念であると思いますが、いろいろ試してみて下さい。

ブログ関連


cp_setting_blog

ブログ関連の基本設定を行います。


<ブログを利用する>
ブログ機能そのものを利用するかどうかを設定します。チェックを外すとブログに関わる機能を利用することができなくなります。


<ブログのコメント機能を利用する>
ブログのコメント機能を利用するかどうかを設定します。チェックを外すとブログのコメント投稿フォームが表示されなくなり、すでに投稿されているコメントも表示されません。当然ですがこの設定は上記の「ブログを利用する」がOFFになっている場合は意味を持ちません。

<コメントを承認制にする>
ここにチェックが入っていると、ブログのコメントが投稿されてもすぐに内容が反映されません。投稿されたコメントは管理者が管理モードで承認を行うまで次のように薄く表示されます。

cp_conf_blogcom1

ただし、管理者が管理モードでアクセスした場合は

cp_conf_blogcom2

のように見え、コメント本文もその場で確認することができます。この場合の
suspend_markアイコンは未承認のコメントであることを表しています。
コメントを承認するには、管理モードでこの
suspend_markアイコンをクリックします。コメントを削除する場合はtrushアイコンをクリックします。管理モード時はそのまま削除できますが、管理モード以外の場合は投稿者が設定したパスワードが合わないと削除できません。
当然ですがこの設定は上記の「ブログを利用する」「ブログのコメント機能を利用する」のいずれかがOFFになっている場合は意味を持ちません。
また、管理者が管理モードで投稿したコメントはここの設定に関わらず即座に承認、反映、表示されます。

<未承認コメントを表示>
ここにチェックが入っていると、未承認のコメントは一般の閲覧者には表示されません。従って、コメントが存在するかどうかもわからなくなりますので、承認するまでは一般閲覧者に何も表示したくない場合などにチェックを入れます。
ただし、管理モードでアクセスした場合はチェックを入れてあっても確認することができますので、管理者がコメントを見逃すことはありません。

<ヘッドラインの形式>
ナビゲーションの「ブログ」タブをクリックした時に(ブログのトップページに)表示するヘッドラインの形式を指定します。
「全文表示」にすると、各記事の本文をレイアウトも含め完全な形での表示を必要な数だけ繰り返します。「概要リスト表示」にすると、本文が短く省略され、表示も簡潔なリスト形式となります。ヘッドラインに表示する件数は次の「ヘッドラインの行数」で指定します。

<ヘッドラインの行数>
ナビゲーションの「ブログ」タブをクリックした時に(ブログのトップページに)表示するヘッドライン記事の数を指定します。

cp_conf_blog_rows

お知らせ関連


cp_setting_info

お知らせ関連の基本設定を行います。

<お知らせを利用する>
お知らせ機能そのものを利用するかどうかを設定します。チェックを外すとお知らせに関わる機能を利用することができなくなります。

<ヘッドラインの形式>
ナビゲーションの「お知らせ」タブをクリックした時に(お知らせのトップページに)表示するヘッドラインの形式を指定します。
「全文表示」にすると、各記事の本文をレイアウトも含め完全な形での表示を必要な数だけ繰り返します。「概要リスト表示」にすると、本文が短く省略され、表示も簡潔なリスト形式となります。ヘッドラインに表示する件数は次の「ヘッドラインの行数」で指定します。

<ヘッドラインの行数>
ナビゲーションの「お知らせ」タブをクリックした時に(お知らせのトップページに)表示するヘッドライン記事の数を指定します。

cp_conf_info_rows

掲示板関連


cp_conf_bbs

掲示板関連の基本設定を行います。

<掲示板を利用する>
掲示板機能そのものを利用するかどうかを設定します。チェックを外すと掲示板に関わる機能を利用することができなくなります。


<掲示板のコメント機能を利用する>
掲示板のコメント機能を利用するかどうかを設定します。チェックを外すと掲示板のコメント投稿フォームが表示されなくなり、すでに投稿されているコメントも表示されません。当然ですがこの設定は上記の「掲示板を利用する」がOFFになっている場合は意味を持ちません。

<掲示板の投稿を承認制にする>
ここにチェックが入っていると、掲示板の記事やコメントが投稿されてもすぐに内容が反映されません。投稿された記事やコメントは管理者が管理モードで承認を行うまで次のように薄く表示されます。

cp_conf_bbs_sus

ただし、管理者が管理モードでアクセスした場合は

cp_conf_bbs_susadmin

のように見え、掲示板記事やコメントのタイトルと本文をその場で確認することができます。この場合の
suspend_markアイコンは未承認の記事・コメントであることを表しています。
未承認の記事・コメントを承認するには、管理モードでこの
suspend_markアイコンをクリックします。削除する場合はtrushアイコンをクリックします。管理モード時はそのまま削除できますが、管理モード以外の場合は投稿者が設定したパスワードが合わないと削除できません。
当然ですがこの設定は上記の「掲示板を利用する」がOFFになっている場合は意味を持ちません。
また、管理者が管理モードで投稿した掲示板の記事・コメントはここの設定に関わらず即座に承認、反映、表示されます。

<掲示板の未承認投稿を表示>
ここにチェックが入っていると、掲示板の未承認投稿は一般の閲覧者には表示されません。従って、投稿が存在するかどうかもわからなくなりますので、承認するまでは一般閲覧者に何も表示したくない場合などにチェックを入れます。
ただし、管理モードでアクセスした場合はチェックを入れてあっても確認することができますので、管理者が掲示板の投稿を見逃すことはありません。

<ページごとの記事数>
掲示板を閲覧している際、1ページごとにに何件の記事を表示するかを設定します。何件、というのは親記事の数であり、コメントの表示件数は制限されません。

イベント関連


cp_setting_ev

イベント機能そのものを利用するかどうかを設定します。チェックを外すとイベントに関わる機能を利用することができなくなります。
また、カレンダーの表示タイプはノーマル(ボックス型のカレンダー)とリスト(日付が縦に並んでいる表)から選択することができます。

お問い合せ関連


cp_contact

お問い合せ関連の基本設定を行います。

<お問い合せフォームを利用する>
cp_conf_contact2

お問い合せフォーム機能そのものを利用するかどうかを設定します。チェックを外すとお問い合せフォームを利用することができなくなります。お問い合せフォームは前もって連絡先メールアドレスを掲載しておかなくても閲覧者からの連絡を受け取ることができますので、不特定多数の閲覧者から要望や問い合わせを受け付ける必要がある場合はお問い合せフォームを利用することをお勧めします。

<宛先アドレス>
お問い合せフォームから送信されたメールの宛先となるメールアドレスです。管理者側から言えば、このアドレスに送ってもらいたいと思うメールアドレスを入力して下さい。必ず半角文字で、正しいアドレスを入力しましょう。
この欄を空白にしておくと、「お問い合せフォームを利用する」にチェックが入っていてもお問い合せフォーム機能を利用することができません。この機能を利用する場合は必ずメールアドレスを入力しておいて下さい。
また、この欄に入力されたメールアドレスは、次の項目「通知メール関連」で通知メールを送信する際の送信元メールアドレスとしても使用されます。「通知メール」を利用したい場合、お問い合せフォームを利用する・しないに関わらず適切なメールアドレスを入力しておいて下さい。

通知メール関連


infomail

トピックのコメント及び掲示板への書き込みがあった場合に管理者へ通知メールを送信する機能です。
ただし、通知メールの送信元として「お問い合せ関連」の「宛先アドレス」に入力されたメールアドレスを利用しますので、この欄(宛先アドレス)が空欄になっている場合は通知メールは利用できません。

<投稿通知メールを送信する>
投稿通知メールを利用するかどうかを設定します。チェックを入れ、「受け取るアドレス」にメールアドレスを入力すると、トピック(ブログ)にコメントが投稿された場合と掲示板に投稿があった場合に通知メールが送信されます。

<受け取るアドレス>
投稿の通知メールを受け取るアドレスを入力します。必ず半角文字で、正しいアドレスを入力しましょう。受け取るメールアドレスは、カンマで区切ることによりいくつでも並記することができます。自宅や職場に加えて携帯電話にも通知を送信したい場合や、複数の管理者へ通知メールを送信したい場合などにカンマで区切って並記しておくと便利です。

RSS関連


cp_rss_set

RSS ( RDF Site Summary / Really Simple Syndication ) と呼ばれる形式(フォーマット)でサイトの要約を配信します。配信できるのはコンテンツ、ブログ、お知らせのトピックです。配信したいトピックの種類にチェックを入れ、「フィードする記事数」の数字を1以上にすると配信(フィード)が開始されます。
RSSについて詳しくは
ウィキペディアのRSSについての項等をご覧ください。

メインリストの件数・サイドリストの件数


cp_cont_rows

「メインリストの件数」はトップページに表示される「最新のトピック」リストに表示するトピックの件数を指定します。
「サイドリストの件数」は、開発当初からの仕様変更により現在は意味を持っていません。将来的に何かに利用する場合もあるので残してありますが、今のところ無視して下さい。

サイドバーオブジェクトの表示と順序


cp_conf_sidebarobj

GsCMSでは、サイドバーに配置されるコンテンツメニューや新着情報のリスト、あるいは管理用メニューといったものを「サイドバーオブジェクト」と呼んでいます。

cp_conf_sidebarobj_sampl

これらの表示のON/OFF、あるいはどのページにどのような順番で配置するかといった設定をここで一括管理・設定します。

cp_conf_sidebarobj2

まず、この表のタイトル行には「どのページに」という意味の表示が並んでいます。これらはブラウザから閲覧した場合のファイル名と関連付けられていて、「ホーム=index.php」「コンテンツ=contents.php」「お知らせ=info.php」「お問い合せ=contact.php」「イベント=event.php」「掲示板=bbs.php」「ブログ=blog.php」「検索=search.php」「汎用DB=db.php」と読み替えられます。つまり、ブラウザでそのページを見ているときに、その列の下に配置されたオブジェクト群を表示させるかどうかという見方をして下さい。

cp_conf_sidebarobj3

次に、この表のタイトル列には「どのオブジェクトを」という意味の表示が並んでいます。タイトル行の「どのページに」と交わったところの設定を変更することによって、該当のページにおける該当のオブジェクトの表示を制御します。

ちょっとややこしいので、例を示します。

cp_conf_sidebarobj4

これは、コンテンツ(contents.php)ページのサイドバーの上から4番目に検索フォームを表示するという意味になります。このように、個々のオブジェクトについて縦と横の組み合わせを見ながら細かく設定できるということです。ホームとコンテンツのページにはコンテンツメニューを表示するけれども、ブログを見ているときはコンテンツメニューを表示させないというようなことが可能です。

チェックボックスにチェックを入れておくと、そのページにそのオブジェクトを表示するということになり、チェックボックス右側の入力欄には半角数字で表示の順番を指定します。同じページに同じ数字があってもかまいませんが、その場合は必ずしも上に書かれているオブジェクトが上になるとは限りませんので、同じページ内(縦列内)ではできるだけ数字が重複しないようにして下さい。

cp_conf_sidebarobj5

「お知らせ新着リスト」「ブログ新着リスト」「掲示板新着リスト」「イベントリスト」の4つのオブジェクトについては、リストに最新のものから最大何件の記事タイトルを表示するかを指定できます。各オブジェクト名の右側にある入力エリアに、半角数字で任意の数字を入力してください。

3カラム表示の場合の、右サイドバーへのオブジェクト配置
GsCMSは、CSSの切り換え等によってサイト全体を3カラム表示にすることが可能です。そのような場合、右側のサイドバーにオブジェクトを表示するにはどのようにすれば良いのでしょうか。

cp_conf_objx

以下のように右サイドバーに表示したいオブジェクトの「表示順」に50以上の数字を指定します。

cp_conf_objx2

この例では「更新状況」「検索フォーム」オブジェクトが右サイドバーに表示されます。順番は上から50→51となりますので、左サイドバーの場合と同様に上から「更新状況」、次に「検索フォーム」という順番に表示されます。
ただし、50以上の数字を指定したままで2カラム表示に戻すと、右サイドバーに表示されていたオブジェクトが表示されませんのでご注意下さい。特に右サイドバーに管理用メニューを表示していて2カラムに戻し、そのままログアウトしてしまうとログイン画面へのリンクが表示されません。(そのような場合は直接cp_login.phpにアクセスして下さい)

なお、現時点ではサイトの「携帯電話(モバイル機器)用ページ」は作成中ですので、携帯ページへのリンクを表示する「QRコード(モバイル)」オブジェクトはチェックを入れても表示されません。ご了承下さい。
また、汎用DB関連のオブジェクトはオプションになっていますので初期状態ではご利用になれません。汎用DB機能の詳細についてはシステム管理者までお問い合せ下さい。

新着表示時間


cp_conf_newtime

サイト各所のトピックタイトル表示部や新着リストなどで、新しく投稿あるいは掲載された記事に
new_markアイコンが付くことがあります。これは新しく掲載されたトピックであることを表しているのですが、この項目ではこのマークを表示しておく期間を秒数で指定します。
たとえば604800と入力してあれば、604,800秒、つまり7日間ということになるので、トピックが作成されてから7日間新着アイコン
new_markが表示されます。この秒数は自由に変更できますので、7日間は長すぎるので3日間にしたいとか、24時間以内のトピックにだけ新着アイコンを付けたいという場合には数字を変更して下さい。

Twitter関連


cp_conf_tw

ここでは、Twitter(ツイッター)とサイトを連携させるための設定を行います。ツイッターとは、Twitter社が提供するウェブサービスです。ツイッターについて詳しくは
Twitterのサイトをご覧下さい。
「コンテンツ」にチェックを入れるとコンテンツのトピック本文の下に、「ブログ」にチェックを入れるとブログのトピック本文の下に、「お知らせ」にチェックを入れるとお知らせのトピック本文の下に、「掲示板」にチェックを入れると掲示板の親記事本文の下に、下のようなボタン(ツイートボタン)が表示されます。
「Twitterアカウント」入力欄には、サイト運営団体や管理者が利用しているTwitterのアカウント名を半角英数字で入力して下さい。

tweetbutton

このボタンの表示はTwitterの公式なものとして公開されている技術です。Twitter社からは次のように説明されています。
このボタンをあなたのWEBサイトに表示すれば、ユーザーはあなたのサイトを離れることなく、あなたのWEBサイト上のコンテンツをTwitter上で共有することができます。TwitterからあなたのWEBサイトへとトラフィックを呼び込むのと同時に、戦略的なTwitterアカウントをユーザーにおすすめすることができます。
ツイートボタンは「Twitterアカウント」の入力欄に管理者の、あるいはサイト用としてのTwitterアカウントを入力しておかないと表示されませんので注意して下さい。

ツイートボタンは閲覧者がそのトピックについて何かツイートしたいといった場合の利便性を高めるための機能です。閲覧者に積極的にTwitterでツイートしてもらうことによってサイトの宣伝につながりますので、積極的に利用してはどうでしょうか。ただし、お知らせやコンテンツにまでいちいちツイートボタンを表示すると少々目障りかも知れませんの状況に合わせて利用して下さい。

サイトの状態


cp_under_const

サイトのメンテナンスや大幅なカスタマイズを行うなど、一時的にサイトの公開を停止したい場合があるでしょう。そのようなとき、「工事中」にチェックを入れることによって、一般ユーザーからのアクセスをすべて under_construction.php というページへ飛ばすことができます。

under_construction

チェックボックス下のテキストエリアにメッセージを入力しておくことで、訪問者へのメッセージを伝えることができます。このメッセージにはHTMLタグ等を含めることができます。自動改行はされません。

サイトの状態は工事中に設定されていても、管理者が管理モードでアクセスする場合には通常通り各ページやコントロールパネルにアクセスすることができます。